ホーム > 重要なお知らせ > 緊急事態宣言の発令期間延長による全国試験会場での試験中止について

ここから本文です。

更新日:2020年5月7日

緊急事態宣言の発令期間延長による全国試験会場での試験中止について

政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、緊急事態宣言の発令期間を5月末まで延長しました。これを受けて、受験者の皆様、ならびに会場スタッフの健康・安全面でのリスクを考慮し、6月4日(木)まで、全都道府県すべての試験会場において、代理店試験(「損保一般試験」および「損保大学課程(専門コース・コンサルティングコース)新規試験」)の実施を終日中止いたします。
また、5月11日(月)から6月4日(木)のご予約については、試験日を振替させていただきます。後日、該当する申込者様にメールでご案内いたします。
※受験日の振替手続についてはこちらをご覧ください。

(注1)政府が緊急事態宣言の解除について、定期的に判断を行うという発表がございます。このため、緊急事態宣言が解除された都道府県については、6月4日(木)以前であっても、試験開催を再開する場合がございます。試験開催を再開する場合には、本サイトを通じてご連絡いたします。
(注2)6月以降の試験における取扱い、および資格有効期限の延長に関しては、追ってご連絡する予定です。

なお、本件に関して、ご不明な点がある場合は、損害保険代理店試験コンタクトセンターまでお問い合わせください。